So-net無料ブログ作成
検索選択

【東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で母親を殺害って本当なの??  [ニュース]

東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で母親を殺害って本当なの??



東京都台東区のマンションで2月に住人の女性41歳が


死亡しているのが発見された事件で、警視庁捜査一課は、


8日に高1の長女を殺人の疑いで逮捕されたようです。


事件が起きた台東区のマンションこちら↓
bandicam 2016-05-10 14-45-03-673.jpg
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000515-san-soci.view-000


東京都台東区台東というと、御徒町のあたりですね・・・・・。


なにやらこの親子間で、問題が生じ亀裂が出来て事件に


至ったようなのです・・・・・・。


今日はそんな、【東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で 母親を殺害って本当なの??に付いて触れてみました。


 早速、【東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で 母親を殺害って本当なの??に触れましょう。




【東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で 母親を殺害って本当なの??


事件の概要はというと・・・・・・。


殺害されたのは、当時中三女子・長女の母親41歳のようです。



事件が発覚したきっかけは、高1女子が2月27日に「母が息を していない」と119番通報して発覚する。



発覚の際に、母親の首にタオルが巻かれた状態だったので、 事故死ではなく他殺と見て警察の調べが入ったようです。



当初、長女に話を聞くと、「27日の朝に起きると母がソファーに 寝ていた。学校から帰宅しても起きないので、良く見たら顔色が 変色していた」と供述し、母親の死亡の経緯については「よく分らない」と 話していたようです。



尚、父親は26&27日は仕事で不在で、26日20:40分ごろに電話で 会話した以降には連絡が取れない状況だったと供述。



警察の調べで、マンション周辺の防犯カメラを分析するも不審な人物が 確認されなかったことから、当時一緒にいた高1女子・長女を逮捕すること に踏み切ったようです。



高1女子・長女の話によれば、母親が「体調が悪いから早く寝るね」と 言ってソファーで横になって寝た・・・と供述だが、長女が母親をソファーで 寝ている間に首を絞め殺したと見て調べている模様。



調べに対して、高1女子・長女は、殺人容疑を黙秘している ようです。 10日の段階では、高1女子・長女は容疑を否認に変更しているようです。 更には「他の誰かがお母さんを殺したと思う」とも言っているようです。


ザッとこんなようになっています・・・・・・・。



今回の母親殺人事件ですが、本当に当時中三女子・長女の


犯行なのでしょうか??


聞く所によると、この母親はスパルタ教育で長女を教育していた


ようですね。


長女も小学校から私立に通うほど・・・・・所謂、お嬢様タイプだったの


でしょうか??


果たして、高1女子・長女は、母親からのスパルタ教育を受け入れて


いたのでしょうか??


こんな証言があります・・・・・・・。


以前の居住区で近隣住民が、長女が小学生のころに母親の叱咤・叱責を


目撃し虐待を危惧し地元自治体に通報したことがあったようです・・・・。


また3年前に台東区に引っ越してきてからも、家族を知る男性の


証言は「母親が激しい口調で叱っているのを見かけた事がある。
女の子は黙って下を向いていた」と言っています。


更には、高1女子・長女は、事件前に”スクールカウンセリング”を


受けていた時期もあるようで、周囲には「母親の教育が厳しい」などと


不満めいたことを漏らしていたようです。


高1女子・長女は、母親の厳しい教育方針に耐えかねて思わず


殺害してしまったのでしょうか??


もし高1女子・長女の犯行ならば、母親のスパルタ教育が要因の一つでしょうね!!


確かに、我が子を立派な大人に教育する義務は親にあるのでしょうが、


子供が嫌がる教育を施しても良い結果は、生まれないような気がしませんか??


親が、子供がやりたがることを後押しし、間違った方向に行きそうなとき


手を差し伸べてあげるのも教育だと思うのですが・・・・・・・。


しかし、親の中では子供の将来にとって良かれと思い今回のような


スパルタ教育の母親もいるのは事実なのでしょうね。


母親の考えの中には、今娘に嫌われても将来きっと分ってくれる・・・と言う


思いの上のスパルタ教育なのでしょう!!


しかし想いというのは素直に伝わらないものですから、このような事態に


なったのかも知れませんね。


でもちょっと不思議なのは、高1女子・長女が最初に連絡したのは


119番なのです・・・・・・息をしていない状況で首にタオル状態ならば


即座に110番通報なのではないでしょうか??


実際に高1女子・長女は、警察に対して容疑を否認していますしね。



一方では、周囲から虐待に映る程の教育方針に対して高1女子・長女は、


母親に何らかの恨みを持っていたとも言えます・・・・・。


高1女子・長女には、携帯電話を与えられていたようですが、両親としか


メールも電話も出来ないようだったのです・・・・・。


高1女子・長女は、中学まで私立に通う優等生だったのです。


そこで必要なのは、勉強から得る知識が第一ですが、友達から得る


情報も必須なのではないでしょうか??


私立ということは、おおよその生徒の環境は似通った状況ですから、


話が合い友達が作りやすいはずなのです・・・・。


現在、分っている状況だけを抽出すれば、高1女子・長女には友達が


いなかったまでは言いませんんが、殆どいなかったのでは・・・・。


察するところ、高1女子・長女には逃げ道が無かったのではないでしょうかね。


高1女子・長女は、中学までは私立でしたが、高校は私立に受かることが


出来なかったようで、その辺りで母親との間に亀裂ができたようです。


もし高1女子・長女が、母親を殺害したとしてもある意味、高1女子・長女も


被害者なのではないでしょうか??筆者はそう感じます・・・・・・。


逃げ道を失った高1女子・長女に、変わらず続く母親からの


スパルタ教育・・・・・高1女子・長女の精神は崩壊寸前で切迫した状況で


思わず犯行に及んだのではないでしょうか??推測ですが・・・・・・。


加害者は未成年で、こんな状況ですから早期に社会復帰できるでしょうが、


もし高1女子・長女が犯人ならば、一生消えない傷が残ることは


間違い無いでしょうね。


起きてはいけないのです・・・・・肉親同士の殺人事件なんて!!


勿論、一般の殺人事件もですが。


動機と真相が明らかになるのを待ちましょう!!


貴方は、どう思いますか??


最後に、今回の高1女子・長女の母親殺人事件ですが、この母親は叱っていたと
信じたい↓・・・・・↓・参考にどうぞ↓
”叱る”と”怒る”は全然違う、あなたの子育ては大丈夫?



以上が、【東京台東区・殺人事件】 高1女子が親子の亀裂が要因で 母親を殺害って本当なの??でした。


ここまで読んで頂きありがとうございました。


どうぞ素敵な明日をお過ごしください!!  


スポンサーリンク






nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。